狸親父が折った折り紙の作品の紹介です。

狸親父の折り紙

 昨日埼玉県小川町を訪れ、小川町和紙と細川和紙を手に入れたことを紹介しました。たまたま偶然というか、今朝の東京新聞(多摩版)で桜美林大学の学生が、埼玉県東秩父村を訪れ、細川和紙の製作を体験したという記事が掲載されていました。
 細川和紙は、私が訪れた小川町と東秩父村で受け継がれている和紙です。
 昨日から考えていたことは、ユネスコが文化遺産に登録するほどの伝統文化が今後どうなるか、後継者問題は大丈夫なのかということでした。そういう意味で今朝の新聞記事は嬉しいニュースだと思います。若い人が伝統文化を体験することは大切なことだと思います。これは和紙に限らない問題だと思いますが。
 今後若い世代が伝統文化を引き継いでいくことを願っていきたいと思います。
スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

狸親父

Author:狸親父
JAPANESE CULTURE, ORIGAMI

 狸親父です。月夜に踊っています。嘘です。ほぼ毎日折り紙折っています。是非狸親父の作品を楽しんで下さい。コメント頂けたら励みになります。




カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -